FC2ブログ

プロフィール

Tammy(UZUKI)

Author:Tammy(UZUKI)
エステ留学サポート『タミーズハート』の代表の卯月多美子です。
元セラピストである卯月がバリ島現地で、実際にスクールの視察をし、インドネシア政府認定の優れたスパスクールだけをご紹介。
最新のバリエステ留学情報をお届けします。
癒しのバリ島は、五感で学べる、真のセラピストを目指す最高の舞台!バリに癒されながら、本格エステ技術を学びませんか?
4つのスクールからあなたの目的になったスクールやコースアレンジをご提案します。
留学準備から現地での留学生活まで安心サポート。
日本語で相談・ご連絡どうぞ。日本語できる現地スタッフがお手伝いしています。

≫ バリエステ留学サポート『タミーズハート』HPはこちら

ライン無料通話相談ID:uzukibali
スカイプ無通話相談ID:uzukita
現地電話:0878 6076 8023

カテゴリ

お気軽にメール下さい。

下記フォームへ入力し〔確認〕ボタンを押してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

HPからのお問い合わせ

タミーズハートの無料相談・お問い合わせへ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

2020年 CIBTACコーススケジュール

ブログをご覧下頂き、また、お問合せも頂きまして、大変ありがとうございます。
2020年のスケジュールが決まりましたので、ご案内させて頂きます。
2019年後半は、8月19日にスタートしました。
国際資格の勉強は大変だけど、とても充実しますと伺っています。
次は、あなたの番ですね。
最高の学びになりますように(⋈◍>◡<◍)。✧♡。

 
<2020年CIBTACコーススケジュール>

         前半と後半の2回実施予定
コース名       受講期間
(前半)
試験
予定日
150days (10週間)コース
Cibtac Diploma Spa Therapy
1/20㈪~4/4㈮4/11
又は
4/18
24週間コース
Diploma in Anatomy &hysiology
10days(2週間) +
 Diploma in Body Massage
10days(2週間)
1/20㈪~2/14㈮4/11
又は
4/18

(後半)
150days (10週間)コース
Diploma Spa Therapy
8/31㈪~11/7㈮11/14
又は
11/21
24週間コース
Diploma in Anatomy &hysiology
10days(2週間) +
 Diploma in Body Massage
10days(2週間)
8/31㈪~9/25㈮11/14
又は
11/21
留意事項
①CIBTACディプロマコースは、年に2回、開講を予定しており、
 申込があった時点で、開講決定ですので、お早目にどうぞ。
②記載の試験予定日は、CIBTAC側へのリクエスト日です。
試験日決定はCIBTAC側が行い、試験日の2~3ヶ月前に通知あり。

 航空券は、往復でご準備(帰国日が変更できるもの又は帰国日を決めたFIX往復航空券)下さい。
 なお、日本帰国でなくとも、第3国へ出国(バリ島⇒シンガポールなど)の航空券があれば大丈夫です。航空会社規定により、片道航空券のみで出発は、搭乗拒否されることがありますので、ご注意ください。
 また、通常、CIBTAC試験日は、リクエスト日程内で試験日が決まりますが、万が一として、リクエスト日と異なる場合が発生する可能性がありますことをご理解願います(スクール側では試験日の確約・決定が出来かねます)。

③お申込みは、コーススタートの2~3ヶ月前迄が望ましいです。
 お問い合わせは、その前にご連絡頂きますとスムーズです。

④CIBTACは試験の他に、課題提出(英文レポート作成)多数、
 コース終了後も、試験日までの間は、自習による課題作成などあり、
 みなさん、毎晩深夜まで勉強が必要と伺っています。

⑤バリ島の正月(ニュピ)は、2020年3/25(水)です。
 そのため、3/23㈪~1週間スクール休校。自由にお過ごし下さい。

⑥バリ島入国は、コーススタートの前日までに到着下さい。
 バリ島出国は、試験予定日以降のビザ有効期限内の希望する日にご帰国下さい。
(インドネシアでは、60日を超える滞在は、日本でビザ取得が必要となりますが、手続きは難しくありません。今まで100%、みなさん取得されていますので、ご安心下さい。お申込みの後に、ビザの詳しいご案内をいたしております。)


◆2020年【前半】スケジュール例
Q.CIBTACディプロマを取得したいです。どのようなコースと日程がありますか?
A:下記の様なコースを受講して頂けますので、参考にして下さい。


=============================
<セラピスト経験者のためのコース>
 50days Diploma Spa Therapy
このCIBTACディプロマコースは、幅広い専門知識が問われ、知識(理論)6~7割、実技は4割弱程と少な目、すでに基本の実技スキルをお持ちの経験者の方に適したコースとなります。
授業、テキストは英語になり、試験当日も英語での質疑応答がありますので、日常英会話が出来る方が対象です。
また、ご希望により、早めにバリ島入りされ、事前に、1週間~1ヶ月コースのバリニーズマッサージトリートメントコースなど興味をお持ちの科目を受講して頂く事もできます。


・バリ島着 :2020年1/18(土)又は19(日)
  ↓
※早目到着により、事前に、1週間コース~受講可能。
年末年始は、12/31迄授業、1/1のみ休みで土曜日振替
受講有り。
  ↓
・CIBTAC Diplomaスタート:1/20(月)~4/3(金)11週間
 ※3/23㈪~3/27㈮の1週間スクール休み(バリの正月)
  ↓
・ホームワーク:4/4(土)~試験日前日まで
 (CIBTACに提出する課題作成と試験勉強)
  ↓
・試験予定日:4/11(土)又は4/18(土)



<セラピスト経験者&未経験者のためのコース>
2ヶ月(8週間8科目)+CIBTAC4週間コース
(10days Diploma Anatomy &Physiology
      +10days Diploma Body Massape )


このCIBTACコースは、セラピストの基本とされる世界のスタンダードマッサージスキルと知識を盛り込み、期間も4週間と学びやすくなっているため、初心者の方にも適しています。
ただし、初心者の方には、2ヶ月コースとあわせて、トータル3ヶ月コースの受講を推奨します。
又は、3ヶ月プロ養成コース+CIBTAC4週間コースも受講できますので、ご希望によりご検討下さいませ。

プロのセラピストを目指される場合、様々な手技の練習を重ねて、徐々に体(感覚)で覚え、施術がスムーズに上達するのに平均3ヶ月とされています。
なお、CIBTACでは、Diploma Anatomy &Physiology(解剖生理学)の知識をもって施術することが、より効果的で質の高いマッサージになるとしており、10days Diploma Body Massape のみ受講することができません。


・バリ島着 :2020年1/4(土)又は5(日)
※航空券がとりにくいお正月時期です。お早目ご検討頂きますか、
 バリ島着を1/11㈯、12㈰でもアレンジ可能です。

  ↓
・2ヶ月コーススタート:1/6(月)~1/17(金)2週間2科目
  ↓
・CIBTAC4週間コーススタート
 DIPLOMA ANATOMY PHYSIOLOGY (2週間) 1/20㈪~1/31㈮
 DIPLOMA IN BODY MASSAGE(2週間)2/3㈪~2/14㈮
 ※課題の英文レポート作成あり
  ↓
・2ヶ月コース再スタート:2/17(月)~3/20(金)5週間5科目
 ※3/23㈪~3/27㈮の1週間スクール休み(バリのお正月)
  ↓
・2ヶ月コース最終期間  :3/30(月)~4/3(金)1週間1科目
  ↓
・ホームワーク期間:4/4(土)~試験日前日まで
 (CIBTAC試験対策勉強や英文レポート見直し)
  ↓
・試験予定日:4/11(土)又は4/18(土)



◆2020年【後半】スケジュール例
=============================

<セラピスト経験者のためのコース>

 50days Diploma Spa Therapyコース
・バリ島着 :8/31(土)又は21(日)
(受講スタートの前日までに到着下さい)
  ↓
・CIBTACスタート:8/31(月)~11/6(金)10週間
   ↓
・ホームワーク期間:11/7(土)~試験日前日まで
(CIBTACに提出する課題作成期間と試験対策)
  ↓
・試験予定日:11/14㈯ 又は11/21


<セラピスト経験者&未経験者のためのコース>
2ヶ月(8週間8科目)+CIBTAC4週間コース
(10days Diploma Anatomy &Physiology
      +10days Diploma Body Massape )



・バリ島着 :2019年8/15(土)又は16(日)
※夏休み期間につき、お早目の航空券予約をおすすめ。
  ↓
・2ヶ月コーススタート:8/17(月)~8/28(金)2週間2科目  
  ↓
・CIBTAC 4週間スタート:
 DIPLOMA ANATOMY PHYSIOLOGY (10 Days) 8/31㈪~9/11㈮
 DIPLOMA IN BODY MASSAGE(10Days)9/14㈪~9/25㈮
 ※課題の英文レポート作成あり。
  ↓
・2ヶ月コース再スタート:9/28(月)~11/6(金)6週間6科目
  ↓
・ホームワーク期間:11/7(土)~試験日前日まで
(CIBTAC試験勉強、課題の英文レポート見直し)
  ↓
・試験予定日:11/14㈯ 又は11/21

=============================

<お問い合わせ先について >

タミーズハート問合せフォームはこちら クッリクどうぞ。

フォーム入力が出来ない場合は、メールでどうぞ。
メールアドレス:info★tammys-ht.com
メールアドレスの★⇒@に変えて、ご利用ねがいます。

どうぞ、お名前(漢字とローマ字)とお住まいの都道府県、経験の有無もお知らせ下さいますようお願い致します。

ライン通話がご利用頂けます。 ID:uzukibali
スカイプお問い合わせも可能です。

参照ブログ記事は、下記をクリックしてご覧ください。

セラピストの国際資格 CIBTACについて

国際資格 CIBTACのコース案内

バリエステとCIBTAC2つの資格取得!人気コース料金

最後までご覧いただきありがとうございます。

関連記事
スポンサーサイト



香港から!卒業生徒さまのバリ癒やし滞在と近況

ブログをご覧くださりありがとうございます。
現地スタッフのエカと申します。




6年前にバリ島のスパスクールで学ばれセラピストになられたEさんが、香港より再バリくださいました。
ようこそバリ島へ
(⋈◍>◡<◍)。✧♡

Eさん(日本人の方です)にセラピスト経歴を伺いました。
今から6年前にタミーズハートにお申込み頂き、40代の時に、未経験で3ヶ月コースを学ばれました。
香港在住でいらっしゃったので、香港でセラピストとして独立開業されましたが、お客様のニーズに応えるスキルアップのためCIBTACの資格も取得され、その後、日本の外資系5星ホテルのスパでセラピストやマネージャー業務も経験され、それから香港の5つ星ホテルでスパセラピストになられたそうです。次々躍進されとてもステキですね。

そこで、「スパセラピストになろうと思われたきっかけは何ですか?」と
質問させてもらいました。
その事は、メールでご回答下さいましたので、後半にご紹介致しま~す。


また、今回のバリ島滞在中の写真も送って頂きました。
タイミング合うご縁があって、バリスパトレーニングセンターとジャムースパスクールに通う生徒さん達と一緒に、車チャーターで『ウブド&世界遺産ジャティルイ』お出掛けや、私の『エカのJamu手作りレッスン』にもご参加いただいたり、あとは、やっぱり「ジャリムナリのマッサージは最高!」とヌサドゥア店とスミニャック店の両方にいかれたそうです。



ウブドで沐浴体験へ
ものすご~く良かったそうです。
たまたま、満月でバリ人の沐浴の日にぶつかり、大変な混雑だったのですが逆に良くて、バリ人の祈りのパワーを感じて

1548402603123.jpg

ウブドのクイーンインドレストランへ、ビリアニが美味しかったです!
世界三大炊き込みご飯「ビリアニ」!わ~、奥のお鍋にスパイス炊き込みご飯がこんもり写っているので、炊立てでいいですね。

1548402609104.jpg

ヌサドゥアのジャリメナリです。

1548402607115.jpg
ここは、セラピストが全員男性のダイナミックな施術で、カリスマスパコンサルタントのスーザン女史率いる素晴らしくトレーニングされた技術で、中でも「パーフェクトマッサージ」はほんとのメニュー名そのものという大評判スパです。
だいぶ前のブログ記事ですが
ジャリムナリ マッサージ体験談
※料金は、すでに変更になっていますので、お店に直接確認下さい。

ウブドのPODチョコレート工場へ。
1548402615630.jpg
バリ産のカカオのみを使ったチョコレート、お土産に人気ですよ。
殆ど試食出来ます。

pod.jpg

ウブドのコピルアック農園へ。
ティーとコーヒーの試飲が出来ました。

1548402618866.jpg

「エカのJamu手作りレッスン」に参加頂きました。
持ち帰りできるマッサージオイル作りです。
上質なココナッツオイルにバリの天然の花々の香りや効能をとじこめます。

20190121_133457.jpg

出来上がったマッサージオイルを早速お試し~。
E子さん、ご参加下さりありがとうございます
29206.jpg
嬉しいこんなコメントを後から下さいました。
「ジャムーも本当に美味しかったし、最初に頂いたグラス1杯の生理痛に効く飲みものも美味しかったし、排卵痛の様な痛みが先週からあったのですが、そういえば無くなっていました。効能にビックリ。

ここで、さっきの話題!
『スパセラピストになろうと思われたきっかけは何ですか?』について、
快く返信してくださいました。

「セラピストになろうとしたきっかけというか、先ずはスパを好きになったきっかけですが、20代色々な事に忙殺されていた頃、兄の結婚式でハワイに訪れ、ハワイのホテルスパで現地のハワイアンセラピストのトリートメントを受けて、身も心も軽くなった不思議な感覚があり、その頃からスパの虜になりました。

そして様々なスパに行くうちに自分の好みの手技も分かるようになり、受けるたびに「手技はこうしたら良いのに」や、「空間や接客はこうすれば良いのに」などなどの欲求が出てきて、「私だったらもっと上手にできるのでは?」と厚かましい好奇心がセラピストを志したきっかけでした。空間に関しては、ホテルのスパがやはりセンスも国際基準だし資金もかけているので、自分が気持ち良くトリートメントが出来る空間は?と考えたら自然にホテルのセラピストが目標になりました。

この仕事をして良かったな〜と感じる時は、忙しくて一日中施術の日でも、その分エネルギーの循環が良いし達成感を感じるので、施術をすることにより自分も元気になっている事を感じ「自分が好きだからこの仕事をやっているんだな」と実感しています。

また、「今までで一番素晴らしいトリートメントだった」と、短いホテルの滞在中に指名で連日通っていただいた時は、以前私がハワイで受けたトリートメントと同じような気分になってくれたのかもしれない、ひと時でも幸せな気持ちになってくれたのだとしたら、それは本当にスパセラピスト冥利につきますね。
トリートメントが終わった時に握手を求めて来られた時は、「良い仕事したかな」と感じて嬉しく思います。」


タミーズハートコメント
Eさんからは、日本の外資系ホテルスパでの研修についても伺いました。
世界各国、100ヶ国以上にグループホテルがあり、「ホスピタリティのグローバルハイスタンダードが学べました。」とのことです。
その哲学に触れ、感動もあるけど、仕事の厳しさ、大変さも相当のようです💦。
それでも、うらやましい経験と思いました。
なお、ホテルスパは、ホテル側が直接運営するケースや専門のスパ運営会社に委託するなど、組織形態は色々あり、それによって研修の在り方も異なるようです。
セラピストを目指されるすべての皆様に素敵な経験が待っていますように心から願っています。
Eさんのますますのご活躍をお祈りさせて頂きます。
ありがとうございました。卯月

いつでもバリ島でお待ちしております

励みになりますので、お読み下さいましたら拍手ボタンもお待ちしております<(_ _)>。

関連記事

バリエステ留学 Mr.Tの3ヶ月コースの体験談

ブログ記事をご覧下さりありがとうございます。
本日は、2018年11月ジャムースパスクール(JamuSpa School)3ヶ月コースを卒業された30代男性Tさんの体験談をお届けします。

12月24日クリスマスイブに、就職決定のお知らせ&体験談をメール下さいました。わ~ヽ(^。^)ノクリスマスプレゼントだーと嬉しくなりました。
ありがとうございます。ちなみに、ご本人は、日本帰国後とても忙しく、たまたまイブと重なっただけのようですけどね…(^^;。
素敵な体験が詰まった写真もブログ記事にと送って頂いたので、アップさせて頂きます。
これから来られる方は、わくわくすることをバリ島で体験できるヒント満載と思います。
なお、小文字は、タミーズハートの突っ込みコメント、勝手ながら(^^;。

              
🙌Selamat pagi🙌←わぁ!インドネシア語から始まってる!

色々と書きたい事がありますが、どこまで書いていいのかわからないので、ザッとですが3ヶ月の留学、流れ等について少しだけ書いてみます😀

夏に仕事を退職して、1ヶ月で急遽準備し、ドタバタの中でバリに行きました。前職は美容師をやっていましたが、シャンプーという技術が何よりも好きで、機械では得られない手の感覚、手から人に伝わる想い、またそれによる体質改善、美容、心身のリラクゼーションという力に興味を持った事がキッカケで、単純な私は『 あ、スパ、マッサージの本場ならバリだな...』という非常にシンプルな考えでバリに飛んでいきました。

まず、海外に頻繁に行った経験もろくにないので、スーツケースの準備から始まり、VISAの取得まで色々とやる事があり、自分でも色々と調べたりして動きましたが、わからない事などはタミーズハートに問い合わせ、思ってた以上にスムーズに出国まで漕ぎ着ける事が出来ました。
長期滞在のVISAの取得は他国に比べてインドネシアは手続きが面倒らしく、書類等色々な準備が必要でしたが、なんとか通過。
今思えば、現地生活や言葉の壁等色々ありましたが、ここが1番大変だったかもしれません。。笑
(これからの皆様、どうぞ、お問合せはお早目に、準備に余裕が持てますね。)

現地についてまず驚いたのは、他の方もおっしゃってますが、やはり交通量です。バイク専用レーンがあったり、車線は関係なくみんな走るわで、日本では考えられない景色を目の当たりにし、『 あ、海外来たのか...』と最認識しました🤔笑
お迎えの方に滞在先まで送ってもらい、夜遅くに近くのスーパーに行き、即席ミーゴレン(焼きそば)を買い、私の3ヶ月の料理の勉強...いや、、スパの勉強が始まりました🙄💡
(Tさん、なんと、料理好き、自炊を楽しまれていました)

20180806_093535_201812291631071ce.jpg

初登校の日は体も心もガチガチで、メモ帳に自己紹介の文、質問、答え方等、用意周到で望みましたが、学校のスタッフにとてもオープンに迎えられ、その瞬間に全ての不安は消えたような気がします。

授業は1週間単位で科目が変わるので、かなり詰め込みになってしまいますが、短期だからこそ尚更、やらなければ!! という気持ちが生まれ、授業に集中し、放課後に帰宅してからもイメージトレーニング、学科のまとめ等、平日はかなり濃密で、あっという間に過ぎていきました。

通常コースは金曜に試験がありますが、学校休まずに勉強していれば、余程の事がない限り落ちる事はないと思います!
私の場合は、登校前に30分程技術のイメージトレーニング、帰宅して寝る前の2時間くらい学科、技術の復習といった感じです。

技術を覚えるコツとしては、渡されたテキストを月、火の最初の2日で全部覚える!くらいの気持ちでいた方が、余裕も出来るのでオススメです、少し大変ですが🤤笑

そして、何より、、学校のランチが美味しい!
これに、つきます。私は Happy Time とみんなに言いふらしてましたが、学校の庭で食べる雰囲気は何とも言えない特別な気持ちになります。辛い物文化なので唐辛子等でつくるサンバル(ソース)がいつもあり、私は帰国した今、スパイスがないと落ち着かなくなってしまいました。

休みの日の過ごし方は、日が登る前に近くの海に行き、日の出を眺めつつ地図片手に街をフラフラ散策したり、学校の友達と予定があえば車をチャーターして観光したりといった感じで、、あと、料理が好きなので現地の調味料を買って色々遊んでいました

観光で心に残ってるところはたくさんありますが、個人的にはバトゥール山に登った事が印象深いです。
早朝から車をチャーターして、片道3時間くらいかけて山まで行き、そこから片道2時間半程の登山をしました。どちらかというと、岩山、みたいな感じなので、緩やかな道は最初だけであとはひたすら岩を登る感じです。ガイドさんがいるので、安全面はよそ見しなければ大丈夫です

1545962563270.jpg 

1545962565104.jpg

日本の山とは違い連なっていないので頂上に登ると360℃の大パノラマです
眼下には世界遺産のバトゥール湖、この景色はホントに頑張って登ったご褒美って感じで、人が周りにいなければ号泣してたと思います。。もし、チャンスがあればぜひ挑戦してもらいたいスポットです!!

あとは定番ですが、ウルワツ寺院。
1545962561447.jpg 
崖にそびえ立つ寺院と夕焼けのコントラストは、今までの人生で見てきた景色の中で間違いなくナンバーワンで、これからもこれを超える景色を見ることが出来るのか...ってくらいで、鳥肌が立ちました。
日本にいてはあのスケールの景色はまず見れません‼

1545962556027.jpg 
時間があればケチャダンスもぜひ、伝統芸能ですが、クスッと笑える部分、お客さん達との掛け合い等、もうエンターテインメントに仕上がってます。笑


そして、色々他にもありますが、ラスト1つ紹介させて頂くとすれば、
スクンプルウォーターフォール。
1545962578344.jpg

ここは現地の人でも滅多に行かない(ガイドドライバーでも知らない)滝になります。
行くまでの工程がもうアドベンチャーというか、ホントに滝なんかあるの?って途中から疑うくらいの道を歩いて行くと、目の前に広がる巨大な滝ツボへ。
話によると100メーターオーバーあるみたいで、綺麗な滝はもちろん、とても力強いというか、神々の島バリの滝、って感じでとても力強い滝です✴

1545962566894.jpg
ジャングルの中にあるみたいな感じなので、それもまた良い雰囲気があります。
ただ、道程がやはり大変なので、もし行きたければ覚悟して行って頂きたいです。

1545962573180.jpg

あ、あと駐車場付近から見えるライステラスは何ヶ所か有名な場所見に行きましたが、ここがナンバーワンです。むしろ、これ目当てに言ってもいいくらい綺麗です

そして、観光から離れ、日常ですと、、、何より体験して頂きたいのは、現地でのスマホアプリで呼べるバイクタクシー!!!

(バリ島には「Gojek ゴジェック」と「Grabグラブ」の2つのアプリ「バイク」と「車」タクシーがあります。
SIMフリースマホの方は、バリ島の電話番号(SIM)利用で登録がおすすめ、そうでない方は、日本で事前にアプリをダウンロードして登録しておかれますと使えるようです。)


バリの街をバイクの後ろに乗って疾走するのは最高です!帰国寸前は用事もないのにバイクにのってドライブしてました。夜の街並みなんかも綺麗でオススメです。どの国もそうですが、女性はやはり夜は少し気を付けた方がいい部分もありますが🤔


またタミーズハートさんの家で現地スタッフEkaにジャムー(栄養ドリンク)の作り方を教わったり、現地での日本のお祭りに参加したり、学校で伝統行事に参加させて貰う事が出来たり、普通に観光で遊びに来た人が出来ないような経験も出来て、特別な時間を過ごす事が出来ました。
(タミーズハートの家は、バリ島サヌール地区にあります。どうぞ、遊びに来てください。)

たくさん書きたい事がありすぎて、一つ一つ書きたい所ですが、キリがないのでここでやめときます。

ただ1つ最後に言うとしたら、何よりも、現地での人との出会い、人の温かさ、風土、これを感じる事が出来たのが自分の中での1番のかけがいのない経験になった気がします。
滞在先のホームステイのオーナーのアユさんとその家族、ハウスキーパーやセキュリティ一の男の子。滞在中のゲスト達。

1545962576618.jpg 
この子達とは夜遅くまで話をしたり、日本から持って来たオモチャで遊んだり...本当に家族のように接してくれ、感謝しかありません。連絡先も交換して、今でも日本から連絡を取る仲です😀

1545962574916.jpg

学校の先生も大好きな先生ばかりで、いつも目が合うとニコニコして調子どう?と声かけて気にかけてくれたり、勉強以外の話も色々したり、先生だけどそれ以上の存在って感じで、心の拠り所というか。
勉強をしに行ってた、というよりも、みんなに会いたくて学校に通ってたって今では思います。
もちろん‼授業は大事ですよ‼‼

1545962568527.jpg

学校最終日に,何度かマッサージのモデル(アウトサイドゲスト)になってくれた方々が、名前入りのケーキ、手紙やお土産等も持って来てくれたり、本当に感謝の涙無くして語れない、そんな旅でした。
ホントにバリが大好き過ぎになりました。もはや母国です‼

バリにまた行きたい!
ではなく、

バリに帰りたい!

本当にそんな気持ちです。笑

あと、これから行く方は、卯月さんのパワーに負けないように、、覚悟して遊びに行ってくださいね🤤‼

(ふふふ、Mr.Tがとても楽しく面白い方で、色んな所をご一緒させて頂きました。こちらは、膝痛いし、体力ないところ、Tさんが何気に笑わせるのでパワー出てきます。スタッフエカは笑いが止まらないことももありましたね)

またみんなに会いに行きます!
ありがとうございました!

1545962559644.jpg

Sampai jumpa lagi~~~
(わ~、最後もインドネシア語でしたー)

タミーズハートコメント
海外渡航の経験があまりない・・というTさんに、英語(言葉)で困ったことはありませんでしたか?と伺ってみました返信がこちら。

「対策って事はほぼしてないですね、出国前に参考書いっぱい買いましたけど、ほぼ見てません。笑
自分は向こう行って、最初の数週間は日常会話にしろとにかく自分で質問作ったり、答え方とか考えたりとかして、いつもメモ持ち歩いてたくらいですね。
あとはもうノリですw笑
単語でもいいからとにかく話そうと思って出す事ですかね。
帰る頃は全く英語喋れないとか、うまく喋ろうとか考えずにコミュニケーションとってたので。」

あと、スクールの先生によっては、ある程度日本語で疎通もできたそうですが、「お互い簡単な英語交えながらで、先生達もこれ日本語でなんて言うの?とか聞いてくるんで、こっちが教えてやるくらいの気持ちでいんじゃないですかね...🤤笑」というメッセージも頂きました。

私達も大興奮した可愛いケーキのこと
何度もアウトサイドゲストとして、マッサージモデルになってくれたインドネシア人の方からの手作りケーキのプレゼントとのことで、なんと、Tさんの名前入りで「ganbatte」とメッセージもありました。
卒業試験の3時間コースの施術モデルにもなってくれたそうですが、きっと、上達されて、最高のトリートメントだったのだろうな~と、感動してもらえる施術が出来るって素敵ですね!

Tさんのお部屋訪問、勉強家だった⁉
P_20181025_174700.jpg
Tさんは、ホームステイ滞在で、「広い部屋で、学校近くて、住み心地が思ったより良かったですよ。」と。そして、「実際の生活している部屋の写真を撮ってもいいですよ、これから来られる方に参考に」とご連絡下さったので、お邪魔したところ、ビール瓶が数十本ずらりと、確かに生活感ありましたが、ありすぎて・・・(^^;。本もいくつか発見、なんと、アロマテラピーの検定を申込されていて、帰国後に試験があり、合格されたとのこと。おめでとうございます!
あと、宿でも英語が通じますが、挨拶などインドネシア語で話しかけたら、きっと喜んでもらえると思います。
本を買わなくても、携帯電話のアプリに、無料のインドネシア語関係が色々ありますので、興味のある方はダウンロードしてみて下さい。

ありがとうございました<(_ _)>。

関連記事

ジャムースパスクールよりベストエージェント賞を表彰!

ブログをご覧くださりありがとうございます。
現地バリ人スタッフが日本語でブログ記事をお届けします。

こんにちは!


2018年12月15日(土)に、ジャムーカンパニー(スパサロン部門、スクール部門、プロダクト開発・販売部門など様々なスパ関連事業を展開)の会社設立24周年記念式典がブドゥグル公園で行われました

私達タミーズハートもJamu Spa School(ヌサドゥア)からジャムーカンパニースタッフと一緒にチャ-ター観光バスに乗り、2時間位かけて到着しました。
もう長い会社だから、今からもっと大きくなって、学校にはもっとたくさんの人が学びに来るように。


48275447_10156881021919731_44486382193737728_n.jpg

そして、この日、タミーズハートは、
BEST SUPPORTING TRAVEL AGENT of 2018賞をもらいました。
本当にありがとうございます。嬉しい~

48266970_2089415397790598_104427461172789248_n.jpg

ナシクニンカット
48362639_10156880984859731_7424872756740620288_n.jpg 48270446_2089415877790550_7512305513359474688_n.jpg

バリは、今、雨季だから、最近毎日雨が降りました。
でも、この日に天気がとてもいいです。
このnasi kuning(ナシクニン)はインドネシア伝統のお祝いの黄色いごはんです。
会社の誕生日と同じ月に誕生日のスタッフが前に集まって、ナシクニンカットでイベントを盛り上げました。

最初は社長さんから発言しました。
それから、各部門のスタッフに賞をあげたり、ゲームをしたり、一緒にランチを食べました。

48393767_2089415824457222_5765224190143627264_n.jpg

ゲーム
48361454_10156880986169731_7223569761290944512_n.jpg

ランチ
48385239_10156880985794731_7865414415649079296_n.jpg

皆さんはすごくフレンドリーだから、とても楽しかったです。


ジャムーカンパニー最強メンバーと一緒に写真を撮りました。
48379685_2089415474457257_5363655747378872320_n.jpg

スクールトップのゼネラルマネージャー、スクール校長先生、ヒューマン・リソースマネージャー、アカウンティングマネージャー、ヘッドスクールトレーナー、アドミニストレータ・マネージャ、そして卯月も加わり記念撮影です。

最後に会社から皆にプレゼントをもらいました。
タミーズハートも頂きました。
48333248_10156880997509731_2223477725593600000_n.jpg
とても楽しかった~
皆さんありがとうございます。


卯月コメント
日本からバリ島エステ留学先として、今まで沢山の方にジャムースパスクールで学んで頂き、「最高でした!学校もバリも人にも恵まれて」など、嬉しいコメントを数多く頂き、心からありがとうございます。
私達は、いつも、充実した感動の学びがみなさん、お一人お一人にありますよう願って、お手伝いをできる事をとても嬉しく、光栄に思っております。
今回の受賞では、タミーズハートが熱心だから・・・という言葉をかけて頂きました。

スクールスタートされる生徒さんは、最初は不安なことがあるかもしれませんので、現地スタッフがスクールへ出向き、生徒さんにご挨拶に伺っています。
そして、海外留学には大なり小なり問題やトラブルも正直あります。学校から生徒さんの体調不良や受講での悩みなど連絡では、学校側と一緒に良い方向を目指し、今年は、スクール側に新たなコースや授業内容の改善提案の機会を頂き、快く受けて頂く事ができました。
ジャムースパスクールとタミーズハートのパートナーシップは9年目を迎えますが、これからも信頼関係をさらに築いていきたいと思います。そして、皆様にさらに良いサービス、ご提案やご案内に繋がりますよう感謝して業を励んで参ります。
関連記事

バリ島北部観光 大自然満喫1日ツアー

ブログをご覧くださりありがとうございます。
現地バリ人スタッフが日本語でブログ記事をお届けします。

こんにちは!エカです。

2018年10月、3ヶ月コースのMさんが、「行きたいところがあるんです!」とツアーを企画され、バリスパの生徒さんも一緒に、バリ北部の観光地へ行きました。
こんなルート(下記マップ画像を参照ください。)で、朝早くに出発、13時間程の遠出を楽しみました。


JamuSpaSchool前(ヌサドゥア)⇒サヌール⇒バリ一高い「スクンプル滝」⇒「ブラタン湖」周辺でランチ&イチゴ狩り⇒湖上の「ウルン・ダヌ・ブラタン寺院」⇒世界遺産の棚田「ジャティルイ」⇒サヌール解散
ブログ記事滝マップ


◆スクンプル ウォーターフォール
トリップアドバイザーの情報こちら 「Sekumpul Waterfalls」

※Se「せ」ではなく、インドネシア語の発音では、「ス」となります。

ここは、バリ島北部のブレレン県のシガラジャ(singaraja)地区の奥深いジャングルにあります。
ヌサドゥアから、途中寄り道しないで、まっすぐスクンプル滝へ。車で3時間弱ぐらいかかって、遠いですね。
私は、車が苦手ですから、酔い止めを飲みました。バリ島のコンビニでも酔い止めが買えるので、心配な方は、飲みましょう。

◎滝入場料&ガイド代の支払い!
ドライバーさんも初めての場所で、ナビや道案内の看板で車を進めると、下記写真のゲストハウス「HILLSIDH」前を通りかかり、車を止められました。
20181226_165454.jpg
ここで、料金を払って下さいと言われました。
みんな初めてでよく分からないので、現地案内ガイド付きで払いました。

三つパッケージがあって、ロングトレッキング、ミディアムトレッキング、ショートトレッキングがあります(上記写真参照下さい)。
もし、一部道路のある所をバイク利用しないで歩く(約15分)と、五万ルピア安いです。
私達は、バイク利用なしを選び、一人20万ルピア(ドリンク1杯付)払いました。ドライバーさんと私も行きましたが、インドネシア人は無料でした。

現地の案内ガイド1人が最初から帰りまで一緒で安心です。
車を指定の駐車場へ止め、そこから1㎞少し歩いて、途中、350~400段位の急な階段を降りたりしながら、3つのポイントを歩いて周りました。
40分ぐらいのショートトレッキングです。
でも、私達は、滝つぼに入って泳いで遊んだり、ワルン(食堂)でココナツドリンクを飲んでゆっくりして、往復2時間弱でした。

20181021_103138.jpg 20181021_103424.jpg

◎1つ目のポイント 滝の真上にある川へ
ここは、本当に水が美しく、流れも穏やかな川で、あちこちの岩から湧水が染み出ていました。
この穏やかな川の水から、落差バリ島一、水量がとてつもない大迫力の滝になるのがびっくりです。

20181021_101529.jpg

◎2つ目のポイント
「Grombong」という名前の滝です。二つ滝があります。

20181021_110535.jpg
高さは75メーター位、美しいです。すごい迫力で、私は、10メートル位離れて写真を撮りましたが、水が飛んできて、びしょびしょになりました。
この滝の水は強過ぎて、泳げませんでした。

生徒さん達は、水着になって、もっと滝に近づいて、自撮り棒で写真を撮りました。滝1メートル前まで行って、「日本の台風みたい、目が開けられないほど水しぶきがすごい、豪雨、強風だよ~、10分もいたら寒くなって、震えてきたー、でもすごい迫力あって楽しいー‼」という感想でした。あと、
川底滑りやすいので、靴を脱がないほうがいいか、ウォーターシューズ持参おすすめとのこと。

◎3つ目のポイント 「Fiji」という名前の滝です。
20181021_112835.jpg20181021_112611 (2)20181021_112934.jpg
ここは三つ滝があって、とてもきれいです。
この滝は少し弱くなって、ここで泳ぐことができました。
でも、すぐ寒くなって泳ぐのは20分位だけです。
ビキニの生徒さんは、寒い~、でも面白い~と言ってました。
帰るのはたくさん階段あるからちょっと大変です。とても疲れました。


動画(YouTube)
Sekumpul Waterfalls
こちらもどうぞ、Sekumpul Waterfalls
大迫力で壮大な滝の雰囲気が伝わると思います。

◆ブラタン湖へ
ブラタン湖行く途中に苺畑へ行きました。自分で苺を取って、1kgは5万ルピア(400円位)です。
P_20181021_161335.jpgP_20181021_161341.jpg
今月はシーズンではないから、ちょっと高いです。自分で採るのはとても楽しかったです。やめたくない…。
P_20181021_162913.jpg
自分で採るから、赤くて、大きな苺だけ取りました。味は甘くて、新鮮です。
生徒さん達は、いちご採り(持ち帰り)しませんので、無料で、食べ放題になりました。
ブラタン湖が目の前に広がっていて、写真を撮ったり楽しめました。

次は、「ウルン・ダヌ・ブラタン寺院」へ
P_20181021_155130_1.jpg 

入場券は一人5万ルピア。ずいぶん値上げされていてびっくりしました💦。

バリ島中部、高原の避暑地として人気のブドゥグル地区にブラタン湖があり、その湖ほとりに建つの『ウルン・ダヌ・ブラタン寺院』。
1633年に建造され、湖の女神デヴィ・ダヌをはじめ水の神様が祀られています。ここは有名スポットで、以前のRp50,000紙幣の絵柄になっていました。
その美しい景観は、こちら「ウルンダヌブラタン寺院」の公式サイトをご覧ください。

ここは、公園内(チャンディクニン公園)にあって、実際、お寺の中に入りません。外から見ます。腰に巻くサロンは必要なく、普段着のままで大丈夫でした。



◆バリ島世界文化遺産「ジャティルイ」へ
タバナン県(Kabupaten Tabanan)のJatiluwih(ジャティルイ)には、美しライステラスが広がっています。規模がとても大きく見ごたえがあります。
20181021_165444.jpg
ブラタン湖からJatiluwihまで1時間ぐらいかかります。
入場料は一人5万ルピア(約400円)です。

IMG-20181022-WA0017.jpg
ジャティルイをはじめとした、バリ島独自の平等に水田へ水を供給する水利システム「スバック」による棚田地域の文化的景観が2012年6月
UNESCOによって世界文化遺産に指定。

そのジャティルイで日本(富山)の水車が大活躍してます!

上の写真を撮ったすぐ下の田んぼの用水路にその水車(小水力発電機)がありました。

用水路の弱い水流と小型の水車なのに、約150の村の街頭の電力をまかなうそうです。

ニュース記事 こちら産経新聞
バリ島の世界遺産棚田で活躍する富山の水車

こちら中日新聞 
富山市とバリ州環境協定 小水力発電普及へ

卯月コメント
スクンプル ウォーターフォール について
私達は、ガイド必須と言われましたが、実際、滝までいくと、現地ガイドなしの外国人を何組か見かけたので、ガイドなしもOKなんでしょうね。
滝までの標識が少ないですが、自分たちでも行けない事もない、ギリギリかな…と思いますが、道なき道(川や沢を渡る)を行く所もあるので、安くないですがガイド付きが無難と思います。

バリ島北部で有名&人気の滝と言えば、高さ 45 m「ギギッの滝」Gitgit Waterfallですが、その迫力を相当上回る壮大な滝で、マイナスイオンが気持ちいい~というレベルを超え、自然のパワーに圧倒され感動しきり、水煙で目の前が見えない中(ゴーグルあるといいかも)滝に打たれ(ちょっと怖くとも💦。)、滝つぼで泳よぎ楽しすぎました。

ただ、もう1回行きたいか!?というと、ちょっと悩みますね…。道のりがけっこうキツかったです。帰りは、濡れた体で必死に階段を登りました。なんだけど…、意外や意外、達成感!?登った先の茶屋ではすっかり元気になって、ジャングルと棚田の大パノラマにまたまた感動でした。

バイク利用なしの徒歩も、こんな絶景を歩きながら楽しめるので良かったです。

P_20181021_125740_1.jpg

イチゴ狩りについて
バリ島のイチゴは、小粒ですっぱいですが、美味しいです。
持ち帰りのイチゴは、農家の方に採って頂くサービスを利用して、のんきにイチゴをほおばりながら待ちました。その結果、なるほど・・・、人に頼めば、質より量になり、傷や小さいものいっぱい・・・。次回からは、自分でイチゴ採りしようと思いました(^^;。
宿に冷凍庫があれば、凍らせて食べるもの美味しいと思います。

ジャティルイについて
ドライバーさんより、ちょっと見るだけなら、5万ルピアの入場料払う手前にもヴューポイントあるよとのことでした。
なんと、今回のドライバーさんは、富山の水車関係者の日本人担当のドライバーさんでもありました。以前、毎日のように、通訳をかねて日本人関係者の方とこのジャティルイに通ったそうです。
ニュース記事を読むと、地元との考え方の違い(機械を入れることの抵抗感など)の苦労も書かれていましたが、そうして完成したものがバリ島で役に立っていると知って、嬉しくなりました。

今回も、大変楽しいひと時となりました。
皆様に、バリ島ならではの素晴らしい体験がありますように

関連記事

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ