FC2ブログ

プロフィール

Tammy(UZUKI)

Author:Tammy(UZUKI)
エステ留学サポート『タミーズハート』の代表の卯月多美子です。
元セラピストである卯月がバリ島現地で、実際にスクールの視察をし、インドネシア政府認定の優れたスパスクールだけをご紹介。
最新のバリエステ留学情報をお届けします。
癒しのバリ島は、五感で学べる、真のセラピストを目指す最高の舞台!バリに癒されながら、本格エステ技術を学びませんか?
4つのスクールからあなたの目的になったスクールやコースアレンジをご提案します。
留学準備から現地での留学生活まで安心サポート。
日本語で相談・ご連絡どうぞ。日本語できる現地スタッフがお手伝いしています。

≫ バリエステ留学サポート『タミーズハート』HPはこちら

ライン無料通話相談ID:uzukibali
スカイプ無通話相談ID:uzukita
現地電話:0878 6076 8023

カテゴリ

お気軽にメール下さい。

下記フォームへ入力し〔確認〕ボタンを押してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

HPからのお問い合わせ

タミーズハートの無料相談・お問い合わせへ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

subak tabola villa(スバック タボラ ヴィラ)のランチ

バリ島東部シドメンにあるこちらはかなりおすすめの場所です。
もう、何度か訪れている場所ですが、毎回生徒さんに大大好評!
自然豊かな広い敷地に、洗練された美しさのスケープデザインが魅力的で開放感いっぱい

スラシャンティ階段1
スラシャンティの駐車場から階段を上って。

P_20151108_125830.jpg
シドメンの山々が見渡せるスラシャンティのプール。
レストランで食事すると、利用可能になるようですが現地要確認。

スリャシャンティのレストラン
この階段の両脇がスラシャンティのおしゃれなレストラン。
こちらの過去記事 シドメン感動トリップ(スリャシャンティ)


20151204154500.jpg

P_20151108_143945.jpg
さらに絶景が見渡せます。敷地内の小道を歩き進めると伝統スタイルのキッチンが見えてきます。

P_20151108_130043.jpg
ここでインドネシア料理教室あり。
このキッチンの裏手にでると、subak tabola villaのプールへ出ます。
そのすぐ前が、お目あてのレストラン。

P_20151108_145229.jpg 

どちらのヴィラ併設レストランも、外部ゲストOK、手頃料金で美味しく、丁寧なサーブ、グラスに冷えた水を注いでくれ、お通しのピーナッツなどスナックの無料サービス付き。

今回発覚したことが・・・!
今まで、suryashantivilla(スラシャンティヴィラ)のレストランと思っていたところは、そのお隣のsubak tabola villa(スバック タボラ ヴィラ)併設のレストランでした。
オーナーが同じ方らしく、2つのヴィラは敷地続きのため勘違いしておりました。そう言われれば、2つのプールに2つのレストラン、2つのスパあるわ・・・。

★subak tabola villa併設のレストランにて
グリーンカレーが大好評でしたよ。
右手はナシチャンプル。辛くない上品は味、一味違うよん。
白飯・お水付、1品Rp55,000前後+税10%・サ10% 約600円
カレー  ナシチャンプル
過去記事 ナシチャンプルはこちら
2年前はRp 25000+税金とサービス20% 。2倍の料金ですが、それでもお得感あるよね!?

★出会いとルドラクシャ 
レストランマネージャーと一緒に
 subak tabola villaのマネージャーさんとレストラン内にて。
総括マネージャーさんがいらして、興味深い話をして下さり、手首にヒンドゥーのルドラクシャ(菩提樹の実). をされていました。オーナーが子供達育成のボランティア活動の1つで踊りやお祈りなど指導、ルドラクシャ作りもあるとか。生徒さんが、ルドラクシャの事を熱心に質問すると、一人に1つ分けて下さいました。
20151203_093329_201512031656173e2.jpg
ルドラクシャは菩提樹の木になる実で作る貴重なもの。身につける者を癒してくれる・・・・というお守り。私たち一人ひとりに、名前を聞いて、丁寧なご挨拶を頂き、手首のサイズを調整して付けて下さいました。こんな想定外のサプライズ1つ1つが、私たちの心を豊かに、優しい気持ちにしてくれました。

★ヴィラ施設の見学も楽しめました!
丘の上のランチ
レストランのさらに奥に絶景テーブル席がありました。素敵!
ここは、やっぱり宿泊者専用なのかな?給仕スタッフが一人、つかず離れずの場所で待機。通りがかりの 私たちに草花の名前を教えてくれたり、一流のおもてなしを感じます!

P_20151108_142722.jpg P_20151108_142737.jpg
ここは3部屋つながってました。ここからの眺めがまた素敵!
素敵なバスタブ P_20151108_143655.jpg 
P_20151108_145524.jpg P_20151108_145515.jpg 
P_20151108_144008.jpg P_20151108_143435_20151203190003b48.jpg

20151204154709.jpg
ヴィラが点在しています。


P_20151108_145239_20151203190003fca.jpg
この広い敷地に、ヴィラは11部屋とか。贅沢~。

★お問合せはこちら

suryashantivilla(スラシャンティヴィラ)HP
Br. Tebola, Sidemen, Karangasem, Bali 80846, Indonesia.
Phone : +62 85 237 345 574 or +62 82 897 298 500
Email : sales[at] suryashantivilla.com
Contact person :
- Ms. Putu : +62 85 237 345 574
- Mrs. ATI : +62 811 3865 636

SUBAK TABOLA VILLA HP 
※ガムラン音楽が流れますので、ご注意下さい。
Br. Tebola, Sidemen, Karangasem 80864
Phone : +62 81 138 661 97 / +62 81 138 656 36
E -mail :info@subaktabolavilla.com

アゴダの宿泊サイトでは、1泊1部屋13000円前後でした。
朝食付きで。泊まって早朝の景色も堪能したい!

マネージャーさんから、今度はsubaktabolavillaの入口がありますから、そちらからどうぞと教えて頂きましたが、スラシャンティ入口からスバック タボラ ヴィラに行くルートが気に入ってるんだけどな・・・。
美しいものを見ると、心が洗われるようだ。
皆様、幸せなひと時をありがとうございました。
By uzuki
スポンサーサイト

<< Pura Tirta Sudamala(ティルタスダマラ寺院)で沐浴 | ホーム | kusamba(クサンバ)天然塩が人気 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。