FC2ブログ

プロフィール

Tammy(UZUKI)

Author:Tammy(UZUKI)
エステ留学サポート『タミーズハート』の代表の卯月多美子です。
元セラピストである卯月がバリ島現地で、実際にスクールの視察をし、インドネシア政府認定の優れたスパスクールだけをご紹介。
最新のバリエステ留学情報をお届けします。
癒しのバリ島は、五感で学べる、真のセラピストを目指す最高の舞台!バリに癒されながら、本格エステ技術を学びませんか?
4つのスクールからあなたの目的になったスクールやコースアレンジをご提案します。
留学準備から現地での留学生活まで安心サポート。
日本語で相談・ご連絡どうぞ。日本語できる現地スタッフがお手伝いしています。

≫ バリエステ留学サポート『タミーズハート』HPはこちら

ライン無料通話相談ID:uzukibali
スカイプ無通話相談ID:uzukita
現地電話:0878 6076 8023

カテゴリ

お気軽にメール下さい。

下記フォームへ入力し〔確認〕ボタンを押してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

HPからのお問い合わせ

タミーズハートの無料相談・お問い合わせへ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

懇親ツアー 聖地バリ島東部巡り

ブログをご覧くださりありがとうございます。
現地バリ人スタッフが日本語でブログ記事をお届けします。


先週、バリエステ留学の生徒さん達と、私の田舎「バリ州カンラガセム県」へ行きました。2人日本人の生徒さんと1人外国人の生徒さんが一緒です。 


バリヒンズー教の総本山「ブサキ寺院」へ
生徒さんは初めてバリに来て、一番大きなお寺を見たいですから、ブサキ寺院へ行きました

41785524_1965820100150129_1588661583351906304_n.jpg
入場券があって、一人は60.000ルピア(約500円)です。
ブサキ寺院に入る時、ドライバー(バリ人)さんと一緒がいいです。もし、観光客だけで入ろうとすると、ブサキ寺院案内のガイドが必要といわれ、ガイド料も支払わなければなりません。

お天気の時は、この写真の割れ門の後ろにアグン山が大きく見えます。
アグン山はバリ最高峰で、高さ3,142mあり、900m位の所にブサキ寺院あります。アグンはインドネシア語で「最高、高貴な、偉大な」という意味です。

でも、この時は雲があって、アグン山が見えませんでした。
せっかくブサキ寺院行くから、私は神様へのお供え物を持って、生徒さんも一緒にお祈りしました。

ブサキ寺院は、大小30位のお寺が集まる複合寺院で、バリヒンドゥーは、カースト制があり、身分が4つの階層にわかれ、自分の階層のお寺にお参りして、それから、全部の階層の人がお祈りする「火・風・水の神様を祀っているセンター」でお祈りをしました。

お守りをもらいます!
センターでお祈りをしたあと、自分の気持ちで係の人にお金を置いて、トゥリダトゥ(Tri Datu)という腕に巻くお守りをもらいました。心の平和と感謝を忘れないようにします。外国の方ももらえるので、生徒さん達も早速右腕に巻きました。


次はシドゥメン(Sidemem)村へ

ブサキ寺院から車で30分、新しく出来たばかりの5つ星のリゾート「Wapa di Uma Sidemen」のレストランでランチ。アグン山のふもとの丘の上にあって、360°マジカル大パノラマが広がります
39171369_452351618583986_4235656194233991168_n.jpg
周りはジャングルと田んぼの絶景ビューで、
生徒さん達にとても喜んでもらい、嬉しかったです。
20180915_160014.jpg
このレストランで、私の親戚のおじさんはシェフをしています。
メニューには、インドネシア料理、西洋料理の両方があります。
全部の料理は美味しい~、また、食べたい。。。と言われました。
お腹いっぱいになり、ピザは持ち帰りになりました。
20180915_144517.jpg20180915_144533.jpg
20180915_145334.jpg20180915_152257.jpg
ステーキ2  

レストランのすぐ横に、2段のインフィニティプール。川も流れていてとてもいいところです。
42104350_2145996128796127_6483614395896168448_n.jpg

ランチのあと、プール利用OKとおじさんが言ってくれましたが、あまり時間がないので、ベットで少しのんびりしました。
シドメンプール 

私たちはスパルームを案内してもらいました。
緑がきれいで、ガラス付きとガラス無の部屋がありました。
シドメンスパ_n 

ここはヨガのところです。
全部が広々していて、気持ちの良いところでした。
42044921_2145996052129468_9009260435316146176_n.jpg 42044427_2145996092129464_8624948771714760704_n.jpg

このあとは、シドゥメン村の私の家にいって、みんなでフルーツ「ドリアン」を食べて、コーヒーを飲んだあとは、ウブドへ行きました。でも、もう、暗くなり、予定していたティルタウンプル寺院には行かず、コーヒー農園に行って、ジャコウネコの糞のコーヒー「コピルアック」を飲んで帰りました。
この日はとても楽しかったです。皆さん一日はありがとうございます。
By Eka


<UZUKIコメント>

ブサキ寺院観光のアドバイス

・出来ればサロン(腰に巻くもの)持参
ブサキ寺院は、サロンなしで入場できません。入場券購入者に観光客用の風呂敷のような小さめナイロンのサロンを貸してくれますが、写真映えがいたしません。ばっちりいい写真を撮りたいという方は、事前にお気に入り柄を購入持参、または、車チャーターのドライバーさんから借りれる事もあります。腰に巻く紐(スレンダン)も礼儀となります。

・お祈りのおすすめ
観光客の多くの方は、寺院内を観光するだけかもしれません。でも、せっかくなので、バリ人の中に入り、お祈りをしてみて下さい。外国人でも大丈夫です。同行のドライバーさんにお願いして、お祈りするお線香、ライター、チャナン(お花)をご準備下さい。
バリヒンズーにのっとり手を合わせ、聖水を頭からかけてもらい、聖水を飲み、額に米粒をつけ、祈ってもらうとバリにいる実感と清々しい気持にもなると思います。

・tri datu (トゥリダトゥ)の威力⁉
バリでは、外国人だけ高くなる“ぼったくり”が時々あります。
でも、腕にtri datu をしていると、「それどうしたの?」「私も同じのいてるのよ」と話しかけられ、親しみを感じてもらえるようで、笑顔で親切にしてもらえたりするので、ぼったくりが少なくなるかもしれませんね。

・tri datu(3つの色)の意味

バリヒンズーの最高神「イダ・サンヤン・ウィディ・ワサ」は三位一体のブラフマ神、ウィシュヌ神、シワ神を創造しました。
赤色=火=創造の神 BRAHMA ( ブラフマ 神) 
白色=風=破壊/再生の神 SIVA ( シヴァ神 )
黒色=水=生命維持の神 VISNU ( ヴィシュヌ 神)

トゥリダトゥは、神様に祈りを捧げられた赤・白・黒の3本の糸をよって作られ、それぞれの糸の色が神様、調和を意味し、心の平和と感謝の気持ち、信仰心を保つとされているようです。

腕お守り

ぜひ、トゥリダトゥを腕に巻いて、バリを楽しんで下さい。
皆様に素敵な体験と学びがありますよに、いつも応援しています。

追伸
みなさんのご感想を伺ったところ、「Wapa di Uma Sidemen」がとても良かった!と大絶賛でした。同じバリでもさらに非日常の空間が広がり、勉強疲れも癒されたようです。シドゥメン村へ行くことがありましたら、ちょっと寄り道、スイーツもありましたので、カフェタイムだけでも良さそうでした。


スポンサーサイト



<< 2018年9月バリ島エステ留学を終えて! | ホーム | バリ島エステ留学現地懇親!会 盆踊り2018年 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム